「うちの給料が低いなんて、そんなはずはない」

 社長はイライラした声でまくしたてました・・・



 ことの発端は中堅社員の退職が続いたときでした。


 ある日、目をかけていた中堅の営業マンが退職を申し出てきました。


 なぜ辞めるのか、その理由を聞くと「他にやりたいことができました」と」言うのです。


 少ない人数でやりくりているため、じっくりと指導する時間がとれないながらも、何とか早く育ってくれるよう社長も一生懸命アドバイスしてきたつもりです。


 やっと一人前になり、これからは新人の指導も任せられるようになるなぁ、と楽しみにしていた矢先の出来事でした。


 社長はガックリと肩を落としました。


 何度も説得したのですが、本人の気持ちは堅く、変わりませんでした。。


 2ヶ月後、今度は別の中堅営業マンから退職の申し出がありました。


 理由を聞くと、また「他にやりたいことができました」と言うではありませんか。


 しばらく説得しましたが、やはり退職の意思が固いので説得は断念しました。


 その後、腑に落ちない社長は社内の人たちからヒアリングをして、あることが分かりました。


 それは・・・



 2人とも30歳前後で、結婚を考えている、という時期だったのです。


 退職した2人は、「ウチの給料では、ちょっと生活が厳しい・・・」ということを同僚に話していました。


 それを伝え聞いた社長は冒頭の言葉を発したのです。


 ところが、時間が経ってから冷静に考えてみると、よその会社がいくら出しているのか、比較するデータがないことに気付きました。

 
 ちょうどその頃、「ズバリ実在賃金」の存在を知り、弊社にお声かけくださったのです。


 「ズバリ実在賃金」とは、首都圏(東京,埼玉,千葉,神奈川)に本社があり、かつ、社員数20人以上300人未満の中小企業から給料明細を収集し、年収、賞与、月給、などの数字を独自に導き出したものです。(竃k見式賃金研究所が行う取り組みです。)


 これにより、「世間相場」の実態を知ることができるのです。


 先の社長にもこの相場をお話させていただきました。


 その後給与体系を見直し、給与の不満が解消されたため、社員定着率が良くなったそうです。


 

 給料データをご提供いただける会社様には、1万人の年収プロットをバックに、御社社員の年収をプロットして差し上げます(無料です)。



※年収プロット図は、首都圏(東京,埼玉,千葉,神奈川)に本社があり、かつ、社員数20人以上300人未満の会社に限定させていただきます。ご了承ください。


※「ズバリ実在賃金」は秘匿性が高い内容となっておりますので、同業者(社会保険労務士、税理士、コンサルタント)の方からのお問い合わせには一切お答えできません。ご了承ください。






 
この年収プロットの優れている点

≪その1≫・・・モデルではなく本当の数字


公的機関が発表している統計は「モデル」を記載していることが多いのです。


 この「モデル給料」とは、新卒で入社して平均的に出世する人をイメージしたもので、 総務の人が、「うちの場合、こんなものかなぁ」とイメージしながら書いて行政に答えたものなのです。

 
 でもよく考えると、中小企業は中途採用がほとんどですよね。


やはり、給料明細から抽出した数字から統計を作らないとが実態を表しません。



 ズバリ実在賃金は、企業から給料明細をいただいて集計した数字です。


 ですから、実態を表しているといえるでしょう。




≪その2≫・・・一般社員と管理職が分かれている


 公的機関が発表している統計は数字で公表されていますが、平均額だけなのです。


 40歳の給料平均○万円、という感じです。


 でも、これはヒラ社員も課長も含めた平均額ですから、使う側としては悩んでしまいます。


 ズバリ実在賃金では、一般社員と管理職を分けて記載していますから、とても使い勝手がいい、と評価いただいてます。




≪その3≫・・・プロット図であること


 公的統計は数字の羅列です。これだと、世間相場との比較してどうなのか?がとても分かりづらいのです。


 一方、ズバリ実在賃金はプロット図ですから、全体の分布がひと目で分かります。
 

 よその会社1万人のプロットをバックに御社社員をプロットしますから、「ウチは高いのか、低いのか」がひと目で分かります。





 

 お問い合せのページから必要事項を記入のうえ、「年収無料プロット希望」にチェックを入れてお申し込みください。
 
            

 データ記入シート(エクセル)をメールでお送りします。

             

 必要事項を入力して弊社までお送りください。

            

 2週間ほどでプロット図が完成。

            

 完成次第、ご連絡差し上げます。


 プロット図をもとに課題を分析しアドバイスいたします。なお、本来このようなアドバイスは2時間で5万円頂戴しておりますが、弊社にお越しいただける方は無料でアドバイスさせていただきます。(月次賃金(給与)や昇給についてのアドバイスもいたします。)


 説明を希望されない方はプロット図を郵送いたします。(ただし、その後アドバイスを希望される場合は、弊社までお越しいただき2時間5万円が必要となります)


 



Copyright(C)2008 小河原社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.